給与計算費用を考えたことありますか?

  • Archives
  • Categories
  • 給与計算代行を依頼して経費節減

    5月 30th, 2014

    給与計算代行をご存知でしょうか。今まで自社で行っていた「給与計算」や「給与明細書」・「給与台帳」・「給与振込依頼書」などの作成を給与計算代行業者にアウトソーシングすれば自社で行うよりも経費節減につながります。

    給与計算代行業者に給与計算をアウトソーシングすれば給与計算のために従業員を雇う必要がなくなり人件費を抑制できます。

    給与計算代行の相場料金は給与を計算する人数の多さによって金額が異なり従業員が1~5名で毎月の基本料金が5千円一人あたり毎月600円、6~10名で基本料金8千円一人あたり600円、11~20名で基本料金2万円一人あたり500円、21~30名で基本料金1万二千円一人あたり500円となっています。

    給与計算代行業者に給与計算をアウトソーシングすることにより余計な時間と経費を節減でき日々の営業活動に専念することができ売上や利益のさらなる拡大につながります。

    給与計算代行業者の比較サイトもありますので検討されてみてはいかがでしょうか。

    給与計算費用を考えたことありますか?

    5月 27th, 2014

    給与計算は、企業にとっては必須作業です。
    社員の生活がかかっていて、かつミスをしてしまえば社員だけではなく会社全体にも迷惑がかかるためです。
    このため、たいていの企業ではその処理にそれなりの時間をかけて、システムを整備したりしています。
    ただ、例えばタイムカードを使っている場合などは作業に手作業が多くなって効率が悪くなったり、確認に時間がかかったりすると思います。
    そんなときに便利なのが、給与計算代行です。
    給与計算代行にアウトソーシングすれば、これまでの煩雑な作業は一気に減ることになります。
    勤怠管理のシステムを導入している企業ならそのデータを給与計算代行会社に渡すだけなので楽ですし、タイムカードを使っていてもそのコピーを渡すだけですむのです。
    それだけで給与計算に携わっていた人員を他の業務に割り当てることができるようになります。
    しかも給与計算代行会社は専門会社なので、情報管理もしっかりされていて、費用もこれまでとは格安の費用で代行を頼めます。
    ぜひ一度給与計算代行会社へのアウトソーシングをを検討されてみてはいかがでしょうか。
    東京給与計算代行センター | 東京都の中小企業の給与計算をサポート

    給与計算代行の会社選びと情報保護

    5月 21st, 2014

    給与計算の代行会社は、しばしばホームページにて情報セキュリティを重視しています。それが示しているのは、「給与計算ではセキュリティーが大事」という点です。
    そもそも従業員の給料は、秘匿性がかなり高いものです。個人情報だからです。それが外部に漏えいしてしまっては大変ですので、各代行会社はホームページなどにて情報保護の点などを強調している訳です。
    そして給与計算の代行会社を選ぶ時には、情報保護をきちと行ってくれるか否かは重要ポイントと言えます。やはり情報保護をしっかり行ってくれる企業の方が、安心できるからです。
    ではどうすればそれを確認できるかと言うと、代行会社が情報保護の資格を取得しているか否かです。PマークやISMSという資格などを保有しているかどうかがポイントです。Pマークを取得している会社でしたら、情報保護をきちんと行ってくれると判断できるものです。
    ですので代行会社選びをする時には、各社のホームページにPマークのロゴなどが掲載されているかを確認してみると良いでしょう。